綺麗な古着を売る

古着の見た目

古着を売ろうと思っている場合は、見た目を気にしてください。
昔に販売されて、どこのブランドかも分からない古着でも見た目が綺麗なら価値が高いです。
自分が持っている古着を、よくチェックしましょう。
保管の仕方も大きく関わっています。

1回や2回しか着用していない古着でも、保管の仕方が悪ければ価値が下がります。
服の趣味が急に変わることが考えられるので、その時は買い取ってくれるお店を利用するでしょう。
売る時に後悔しないよう、普段から綺麗に服を保管しておく習慣を身につけてください。
見た目だけでなく、臭いも重要です。
見た目が綺麗でも、タバコなどの嫌な臭いがするものは価値がないと判断されます。
タバコを吸う人は、特に注意です。

自分で綺麗にする

売ろうと思っている服の見た目が汚くても、自分で綺麗にすることができるかもしれません。
早々に諦めないで、できることがないか調べてください。
古着にシミが付着ている程度なら、洗えば落ちる場合が多いです。
とりあえず、古着をお店に持って行く前に選択しましょう。
面倒だと思ったり、水がもったいないと思うかもしれませんがその手間で買い取りの価値が高くなります。

壊れている部分が見つかったら、自分で直せないか考えてください。
広い範囲に渡って壊れていた場合はもう無理かもしれませんが、少しだけ壊れている状態なら自分で縫うことで改善できる可能性があります。
修理して持って行けば価値が高まるので、古着のチェックを忘れないで済ませましょう。